若々しさをキープできる魔法の水素水を試してみよう

細胞を守る飲み物

ウォーター

体内の余分な酸素

水素と酸素とが化学反応を起こすと、水になります。そして高濃度水素水は、この水を電気分解して酸素を抜くことで、あるいは水素ガスを溶かし込んで水素の量を増やすことで作られています。いずれの場合も、通常の水と比較すると、水素の量が多く酸素の量が少ないという不安定な状態になっているわけです。そのため高濃度水素水を飲むと、含まれている水素が安定を求めて、体内の酸素とどんどん結合していきます。体内には、細胞を助ける酸素と、細胞に吸収されずに余り、むしろ細胞を衰えさせる酸素とがあります。そして高濃度水素水を飲めば、この酸素のうち後者を、結合により減らしていくことができるのです。そのため高濃度水素水は、細胞を守る飲み物として大勢の人に日々飲まれています。

水素濃度を保つアルミ容器

高濃度水素水は、多くの場合薄いアルミシートを重ねて作った容器に入れられています。アルミはもともと遮蔽性が高い素材なのですが、それを重ねることでさらに遮蔽性を高め、水素が逃げないようにしてあるのです。しかも1層1層が薄いので、この容器は非常に柔らかく、高濃度水素水を飲むと、残量に応じて形状が変化します。飲んでいくにつれてへこんでいくので、中には空気が入りにくくなっています。水素濃度は、空気中に水素が溶け込んでいくことで下がっていくのですが、この容器ならそれが起こりにくくなっているのです。また、完全に飲みきった後に、つぶして捨てることができるというメリットもあります。ゴミが増えにくいため、その点からも毎日続けて飲みやすいと言えます。